top
 相談 漢方 アトピー 栄町ヤマト薬局

 
 
2010年/9月~10月|11月~12月
2011年/1月~2月3月~4月5月~6月7月~8月9月~10月11月~12月
2012年/1月~2月3月~4月5月~6月7月~8月9月~10月11月~12月
2013年/ 1月~2月3月~4月5月~6月7月~8月9月~10月11月~12月
2014年/ 1月~2月3月~4月5月~6月7月~8月9月~10月11月~12月
2015年/1月~2月3月~4月5月~6月7月~8月9月~10月11月~12月
2016年/1月~2月3月~4月5月~6月7月~8月9月~10月11月~12月
2017年/1月~2月3月~4月5月~6月7月~8月9月~10月11月~12月
2018年/1月~2月3月~4月5月~6月7月~8月9月~10月11月~12月
2019年/1月~2月3月~4月5月~6月7月~8月9月~10月11月~12月
2020年/1月~2月3月~4月5月~12月
2021年/1月~12月
2022年/1月
 
自律神経の乱れ 50歳代 女性 中国地方 2022・1・21

 私はこの2週間調子良かったです。朝のモワンは無く、ちょっと夕飯時にモワンとくるくらいで たまらなくなってスルピリドを飲まない日に飲むってゆう日はありませんでした。少しずつ気がつかない間に楽になっていってるようです。

気持ちが良いから1日を丁寧に暮らしていけてる気がします。

習慣で言ってるだけでなく、心を込めて「いただきます」や「ごちそうさまでした」が言える感じです。

ありがとうございます。引き続きよろしくおねがいします。

 
腰の痛みとしびれ 40歳代 男性 中国地方 2022・1・20

セールスとしてやってきて僕の前に腰を掛けているが、懸命に腰の痛みとしびれに耐えている。遠路県外から車を運転してきているから道中もつらかっただろう。
商談が終わった後、漢方薬を作ってと頼まれた。昔サッカーをしていたころ腰椎ヘルニアになり、手術で治っていたけれど最近復活したそうだ。
2週間分を2回作ったが、2回目の2週間分の半分くらいは完治したから冷凍庫で保管していた。
昨日、再び同じ漢方薬を頼まれたが、その理由が「友人が腰が痛くてしびれて困っていたんで、残っている漢方薬を上げたらびっくりするくらいよくなったんで、作ってもらってと頼まれたんです」だった。
僕は症状に合わせて漢方薬を作るから、「よく自分の漢方薬が彼にも合ったな?」と尋ねると、彼もまたサッカーで腰を傷めたそうだ。
道理で効くはずだ。
 
軽い喘息 60歳代 女性 岡山県 2022・1・19

息子の患者さんで、そもそもは眼底出血の為の煎じ薬を飲んでいた。その処方箋の中に軽い喘息の薬がいつも処方されていたので気になっていた。眼底出血が起こらなくなり、日常生活が困らなくなったころ、喘息の症状を尋ねてみた。
発作は起こらないが1日中軽い息苦しさと咳があるみたいで、喘息の漢方薬を飲んでみる?と提案しら、すぐにやってみたいと返事をくれたので、息子に喘息の漢方薬も次回から処方するように頼んだ。
最初の投薬から効果が出て、息苦しさも咳もほとんどなくなった。今では3日か4日目ごとにテニスをし、体力も付いて来たみたいだ。テニスも喘息が出る前と同じくらい楽しくでき、心身の疲れも取れて気持ちが良いらしい。
喘息の現代薬をやめてもいいよと提案しているがまだその度胸はないらしい。
 
シミ 40歳代 男性 岡山県 2022・1・19

昔からサッカーなどの運動が好きで、好んで日焼けしていた。今はストレス解消はアウトドアライフ。以前からいずれシミができるだろうなと心配していたが、本人はそんなことは考えなかったのだろうか。
ただ最近になって歳も感じ始めたのだろう、シミの漢方薬を作ってと頼まれた。2週間分ずつ作って渡しているが、きっちり取りに来る。本人はまだ効果が分からないと言っているが、嫁は薄くなっていると言う。
そろそろ患者さんにも処方してあげたらと思うが、自分で分かるほどでないから患者さんには勧められないのかな。結構僕は多くの改善を見ているから自信はあるのだが。
 
コーラックより絶対良い 80歳代 女性 岡山県 2022・1・19

病院の下剤 コーラックと流れてきて効果が最近になって無くなった。錠剤を増やして飲んでいたらお嬢さんに怒られて相談に来た。薬局製剤と言って、薬局だけが作ることを許されている下剤を持って帰ってもらって10日。
今日電話がかかってきて「お腹が痛くなく気持ちよく出る」と太鼓判を押してくれ、3袋配達した。
 
子供の片頭痛 10歳代 女性 岡山県 2022・1・18

カルテを見直すと、3年前に起立性調節障害で相談に来ている。それは2か月で完治。その後併発していた片頭痛は1年に3回くらい取りに来る。1週間分作って渡し、それで済むことも多いが時に2週間かかって痛みがなくなる。それからは全く痛みが起ころない生活が続き、ふと痛みが復活する。

続けて飲んでくれればもう完治していたかもしれないが、1週間飲めば痛みから解放されるので、漢方薬を飲むモチベーションは維持されない。僕もそれはよく理解できる。ただ、こうした若い人が多くの現代薬を飲まされるのを防いでいるだけで十分だ。

 
複数個所の体の痛み 30歳代 女性 関東地方 2022・1・17

11月の終わりから、飲んでいた漢方のおかげで、体の痛みと頭痛は消えました。あと、2日分残っているので、また痛みが出た時に飲もうと思っています。

子育てで心身ともに総動員している方。背中と二の腕の痛みで悩まされ、前頭部もジンジンする。

鎮痛薬では解決しないと思ったので、自然治癒力を導き出す処方を使い、心身ともに元気になっていただいたら、1か月服用で治っていたみたいだ。

 
糖尿病で脅かされる 70歳代 女性 岡山県 2022・1・17

糖尿病治療中なのにコカ・コーラ1日6本飲んでいた。足を切断する羽目になるよとお医者さんに脅かされて慌てて相談に来た。煎じ薬を飲んで、コーラを減らして、45日。息苦しさや胸の圧迫感は完治。頭から噴き出す汗も完治。あとは遠くまで歩けるようになること。

 
月経前緊張症 40歳代 女性 北海道地方 2022・1・17

生理前は不安感やネガティブな考えに支配され、とてもつらい時期だそうだ。きぐすりをきっかけに漢方薬を作らせていただいた。その時期だけ煎じ薬を飲んでいただくことにして、今回2週間服用していただいた。

すると、数分間脳貧血を起こす症状がなく、仕事が分からなかったり、時間に間に合わなかったりすることがなく、生活の質が全く下がらなかったそうだ。

こんなに快適に生理前を過ごすことが出来たのは何年振りかのことで、「信じられない」と最高の喜びの言葉をかけてくださった。

これで、これからも安心だと言って次回分を頼まれた。

 
この寒いのに、首から上にはびっしょりと汗をかく。対面に腰掛けている僕は、どちらかと言うと肌寒い。いつもエアコンを28度に設定しているから、よほど天気が良い日でない限り、薬局の中で暖かいと感じたり、まして汗をかいたりすることはない。
 僕より年上の人が、それだけ汗をかくのだから何か原因がある。本人が治療を希望してきた疾患の漢方薬を作るうえで、汗かきの理由を知っておいた方がいいと思った。ただ、本人は多汗に気は付いているが別に異常だとは思っていないらしく、相談が終わりかけた時に初めて訴えた。
 僕は当然摂取している水分量を聞く。すると驚きの3リットルを1日で摂っているらしい。それもある目的だけのための量がそのくらいだ。食べ物や飲み物やみそ汁の量は含まれていない。
 おもむろにその方がハンドバックから取り出したのは、リポビタンみたいなドリンク。100㏄の瓶だから1か月に一本空けるとなると1日3ccか。3ccを3リトルの水に溶かして1日で飲み干すらしい。成分を見ても僕にはわからなかった。もちろん医薬品ではない。健康食品と言う文字も見つけられなかった。要は何かわからないが、成分を書いているから、食品の分類にでも入っているのだろうか。
 「これは何に良いの?」と尋ねると、「傷に塗ったら早く治るんよ」と教えてくれたが、3リットルに薄めて飲む理由にはなっていない。本人もひょっとしたら最初から具体的には聞いていないのかもしれない。その後続いた言葉が「5人に勧めにゃあおえんのじゃけど私は勧めんのじゃ。ねずみ講見たいなもんじゃろう」
 これには驚いた。人には勧めないと言う正義感はよくわかるが、何に良いかわからずに、恐らく体に良いと言うような漠然とした動機で飲んでいるのだ。それも体中水浸しにして、顔からでも捨てなければ体を壊すというサインが出ているのに。
 相談に来られた理由とはかけ離れているようだが、僕には重要な情報だった。水で薄めなければならないような毒を抱えているか、単純に過ぎているだけかがよくわかる。
 古賀茂明さんは、日本は労働力不足ではなく、無くてもいいブラック企業が存在して人出を奪っているだけだと喝破されている。その言葉を思い出すエピソードだった。いったいこの小さな瓶入りの製品に、どれだけの人間がかかわっているのだろう。
 
朝しんどくて起き上がれない 50歳代 女性 岡山県 2022・1・8

家庭内のストレスで、不快症状がいっぱい出て、それが治らない。途中で目ばかり覚めるので寝た気がしなくて、目が覚めた時が1日で一番しんどい。無理やり起きて仕事に行くが、胃や頭がずっと痛い。病院で便秘薬をもらって飲んでいる。

煎じ薬で心身ともに元気になってもらえるものを飲んでいただいたら、途中で目が覚めなくなり、朝までぐっすり眠れて、寝起きがつらくないそうだ。むしろ学生時代のようにいつまでも気持ちよく眠れるくらいだそうだ。便秘薬を飲まなくても1日2回とても気持ちの良いお通じもあるようになった。

 
職場のストレスで不眠 30歳代 女性 関西地方 2022・1・8

同僚とそりが合わずに、職場が苦痛。布団に入っても3時間くらい寝付けない。そのせいか雲の上を歩いているようにふらふらする。おまけに仕事に集中できずミスをしてしまう。3kg痩せた。

心身ともに元気になっていただく漢方薬と、睡眠薬代わりの漢方薬で、30分で寝付けるようになった。すると、ふらふらも、ミスもなくなり体重も戻った。

 
朝のふらふら 80歳代 女性 岡山県 2022・1・7

朝起きてからお昼ごろまで頭がふらふらして気持ちが悪い。それなのにお昼過ぎからは忘れている。病院では歳のせいだと言われ特別お医者さんが興味を示してくれないが、当人にとっては毎日不愉快。朝の不調には明らかな原因がある。それを正す漢方薬で9割回復。1割残っているからとまた今日漢方薬を持って帰った。

 
時には力を抜いて

 不思議不思議。桂枝茯苓丸って、そんなに有効な漢方薬なのか。

 立て続けだったから印象が深かった。一人は総合病院で出され、もう一人は個人病院で出されていた。どちらも半年以上改善が見られなかったから僕のところに相談に来たのだが、本来なら逆だ。僕みたいな田舎の薬局で手に負えないから、病院に行くのが常道だ。

 総合病院にかかっていた若い女性は、ハンドバッグを腕にぶら下げたりすると、バッグが当たった所に皮下出血する。重いものを持つと大腿部に出血を起こす。何もしなくても気がついたら四肢に出血しているのも日常だ。もう何年も続いているらしい。

 実は病院行きを勧めたのは僕で、病名をはっきりさせた方がいいのではと助言した。最初は渋っていたが意を決して診察を受けた。結局は原因は分からず、健康と言うことになった。そこで出されたのが桂枝茯苓丸だ。服用しても症状は一向に変わらないから、モチベーションが下がり、漢方薬を飲むのが面倒だと言っていた。

 もう一人の若い女性は、起立性頻脈と言う、しっかりとした診断名をもらっていたが、出されたのがやはり桂枝茯苓丸で、これまたなにも変化がないらしい。もう飲みたくないと言っているのを心配して親が相談に来た。

 僕は二人の服用理由と桂枝茯苓丸がどうしても結びつかないのだ。しいて結び付ければ、岡山県の病を、日本と言う国に広く浅く効く薬で対処しているようなものだ。僕はよく薬局で、何にでも効くような散弾銃みたいなものは出したくないと皆さんに伝える。「長い間飲んでいれば効くかもしれない」のでは、財布にも効いてしまうので申し訳ない。なるべくライフルみたいに的を絞って薬を選択する。「効かないけれど副作用はない」では薬局の存在意義はない。

 僕は、いつか漢方薬の材料になる生薬が枯渇してしまうのではと言う心配をずっとしている。それはかなり現実味を帯びていて、生薬はこの数年値上がりが激しい。欧米人が漢方薬を好んで飲みだしたことと、中国人が豊かになって、輸出していたものを自国で消費しだしたからだ。10数億の人がこぞって豊かになったら、日本になど漢方薬の原料を分けてくれるはずがない。

 実際に牛黄清心丸と言う薬は、10丸で35000円くらいだったが、今では10万円だ。日本人のだれが飲めるだろうと思うが、中国人は「それでも安い」らしい。長年日本人しか飲まなかった高根の花の薬が、今は正真正銘彼らの薬だ。日本の一部の絶対必要としている裕福な人が今やおこぼれを頂戴しているに過ぎない。

 すべて庶民相手の僕は、無理をして安いときの値段の牛黄清心丸を買いだめしておいたが、それでも取りに来るのは比較的田舎での富裕層だ。いずれすべての漢方薬が同じ道を歩むだろう。安易に漢方薬が必要かどうかわからないのに処方箋で出し続けていたら、その時期はもっと早まる。政治と同じで、庶民が自分の手で自分の首を絞めているように見える。

 飲んだら飲むな、飲むなら乗るな!効かないなら飲むな、飲むなら効いて!

 
子供の暴力 10歳代 男子 女子 岡山県 2021・12・30

勿論当人同士は気が付いていないが、ふたりの母親がほぼ連続で漢方薬を取りに来たのが、子供の暴力の薬だ。片やお友達に、片やお母さんにふるうものだが、共通しているのは歯止めがないこと。

二人のお母さんはどちらも僕にとっては大切な二人。とても純朴で応対時にはまるで娘かと思うような感情移入が働いてしまう。どうしても幸せな家庭であってほしいと思う。

お子さんが穏やかであってほしいという願いで漢方薬を所望され作っているのだが、二人とも確実に効いているみたいで、発作的な怒りにブレーキがかかって、他者に対する暴力が男の子は確実に減り、女の子も母親が認めてくれるほど、感情の起伏の山が低くなっているみたいだ。

 僕にとって予想外だったのは二人とも漢方薬を全く嫌がらないみたいで、女の子は自分で率先して飲むそうだ。

 現代医学は、お子さんの個性を多くの病名の中に組み入れるが、本当に病気か、社会が型枠の中に押し込めようとしているのか僕にはわからない。

 
 
 
TOP▲