症状

  • 無意識にガスが漏れている
  • 座っているとガスがボコボコ発生してくる
  • 腹鳴が頻繁にして恥ずかしい。肛門でも鳴る
  • 対人恐怖症になって、外出が出来ない
  • 便秘になって3~4日出ない
  • えんぴつみたいな細い便しか出ない
  • お腹が張って苦しい
  • 午前中に何回も(4~5回)トイレに行く。
  • 外出しようとすると便を催す
  • 便意を催すと困るので電車やバスに乗れない

実績

  • 今までの累計患者数2,500人
  • 漢方薬を服用して、何らかの効果を感じてくださる人は最初の2週間で70%
  • その後継続して頑張った人が、ほとんど気にならなくなったり、完治宣言へつながります。
  • 平均予算 600円/日

過敏性腸症候群の症状

近年、過敏性腸症候群の患者数が増加傾向にあります。

過敏性腸症候群とは、ちょっとしたきっかけで下痢や便秘になる。あるいは下痢と便秘が交互に現れる、といった便通状態が異常に長く続き、腹痛をはじめ種々な腹部症状を訴える事が多い病気です。男性に下痢型が多く、女性に便秘型が多く見られる傾向があります。

当薬局では長年に亘り過敏性腸症候群の相談を数多く受けてきました。患者さんの訴える症状は実に様々で、教科書通り「便秘型・下痢型・交互型」というように簡単には分けられないのが現実です。

過敏性腸症候群は現代医学のように「便秘」には「便秘薬」・「下痢」には「下痢止め」という発想では、悪化することはあれど、絶対に治ることはありません。

過敏性腸症候群の原因

過敏性腸症候群の原因は、ストレス(情緒的・身体的)や食生活にあるといわれていますが、その大半はストレスによる自律神経失調です。

この根本原因を踏まえた上で漢方療法を行えば、医者が匙を投げたような患者さんであっても驚くほど早く改善します。

当薬局では過敏性腸症候群の相談件数は圧倒的に多く、今日までに累計2,500人は超えるでしょう。過敏性腸症候群(IBS)の患者さんをお世話しながら僕(店主)も色々な事を学びました。

これまでの経験から言えること

過敏性腸症候群の定義は、どの医学書を見ても同じ事が書いてあり、便宜的に下痢型・便秘型・交互型等と区分されます。原則的な3タイプにとどまっている方を治すのは、そんなに難しくはありません。

ところが、経験を積み重ねていくうち、患者さんの殆どが、「便宜的な区分」からはみ出した悩みで苦しんでいる事を知りました。

下記に述べるような訴えが複雑に絡み合っていて、その1つ1つを解決出来る薬草を見つけてこそ、やっと完治への道が開けます。原則的な薬で解決出来るような人は少ないのです。

原則的な薬で解決出来るような人は少ない

そもそも、その程度の軽症者は僕の所へはやって来ないでしょう。

今までに色々な病院や薬局で相談し、治療の限りを尽くし、果ては法外に高い値段のいかがわしい健康食品にまで手を伸ばして、蟻地獄でもがいている方が最後の砦として訪れる。そんなケースをたくさん経験しました。

既に4割の方が当薬局の漢方療法で過敏性腸症候群を克服しており、現在僕と懸命に共同作業をして下さっている方(軽症の方は“漢方エキス剤(粉剤)”、重症の方は“煎じ薬”でお世話しています。)もいらっしゃいます。

参考までに、今までに過敏性腸症候群の患者さんが訴えてきた症状をご紹介します。もしご自身の症状と当てはまるものがあれば過敏性腸症候群かも知れません。素人判断で市販の便秘薬や下痢止めでその場凌ぎをしているのであれば今すぐ中止し、当薬局へご相談下さい。

  • 無意識にガスが漏れている
  • 腹鳴が頻繁にして恥ずかしい。肛門でも鳴る
  • 対人恐怖症になって、外出が出来ない
  • 便秘になって3~4日出ない
  • お腹が張って苦しい
  • 午前中に何回も(4~5回)トイレに行く。外出しようとすると便を催す
  • 座っているとガスがボコボコ発生してくる
  • 便意を催すと困るので電車やバスに乗れない
  • えんぴつみたいな細い便しか出ない
  • 肛門に熱感があり不快
  • 残便感があり、何回もトイレに通ってしまう
  • ガスが臭くて人に迷惑をかける
  • ゲップが何回も出て苦しい
  • 午後からお腹がボコボコ動く。夜は悲劇
  • 下痢・便秘を繰り返す
  • 仕事や授業中に後ろの人が気になり、その結果腹痛が起こる
  • 食事の度に便意をもよおし、下痢をする
  • 参観日などのイベントで、必ず下痢をする
  • 必ず狭い部屋や他人とのドライブが苦痛で仕方ない
★当店へ漢方相談を依頼する場合は下記の4通りの方法があります。
1 直接ご来店頂き漢方相談する。
2 電話(0869-34-5466)で漢方相談する。
3 ファックス(専用シートをダウンロード)で漢方相談する。
4 フォームメールから漢方相談する。